FC2ブログ
 

日和暮らし

ありがとうございました☆

IMG_6570.jpg
「Fさん、


展開図を番号順に2部並び替えてください^^*






































あっ!


ご主人は建具表お願いします!!」















陽子さんも
亮子ちゃんも
陽子ちゃんも
不在の事務所にて


実施図面の打ち合せでは














プリントアウトした図面を
施主がセットアップするという






そんな現象がみられたり....します(=ω=)*








いつもすみません(⁎⁍̴̛ᴗ⁍̴̛⁎)💦

引きこもる家を作る の巻

IMG_6565.jpg
今年初のプレゼン日


























“母娘のシェアハウス“


を共感していただき無事終了





「先生、部屋を見ていただきたいです」



奥様が現お住まいの

全てのお部屋を私に見せて下さいました。









ご家族の暮し方

好きなもの
好きな空間
所持しているものの物量
色や素材の選び方
ものの使い方....

などなど


一回りすればおおよそのことが
みえてくるものです。





東京のこちらのマンションリフォームは
8ヶ月前に完成したばかりとのこと

大変気に入っていらっしゃる様子が伝わってきて
私まで嬉しくなりました









大阪の

これから計画する住宅への思いも




今日は引き継がせていただきましたよ





















一番楽しみなのは

「書庫とライブラリー」の計画









娘さんのお部屋に

山のようにストックされた本と漫画たち




綺麗に納めた圧巻な姿を想像するだけで




萌え♡デス






プレゼンの掟

IMG_6559.jpg
2019年

一番最初のプレゼンは
































・・・。




やっぱり...



施主の要望を振り切って

作ってしまいました






アールデコ、ロココ調、クラシック、デコラティブ....


このような
space33のテイストからほど遠いご希望に対して






私は
ヨーロッパのお城のようなお家を


提案する必要があるのか











年末年始


自問自答し続けた結果







私の答えは“NO“







「平屋スタイルでシェアハウスのような暮らし」


これがベストなカタチだと確信し

プレゼン準備を進めてきました











施主を
どのように導いていくか





私はこれを

「プレゼンのイメージ」と呼んでいるけれど


















ここが一番
要なんですよねぇ
















今年の抱負

横浜市は神奈川区にて

































住宅の計画のあるお客様と面談







東横線沿線最寄駅から徒歩5分の立地で
横浜駅からも徒歩圏になる

利便性のよい敷地です






道路付けも申し分ないし
敷地内の状況も特に嫌な感じはありません

一般的には狭小と言われる規模でしょうか










そろそろ今年あたりから

コンポーザルを除くコンペ



お断りしようと考えているんです









“お客様“より“施主“


私の優先順位はそこにあり




今後は限られた時間の中で

より濃い仕事をしていきたい






そんな思いからなので


ご理解いただけたらなと思います( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡






女子会♡

名称未設定
一年に一度































女子校時代の女子会が

開催されます




天香回味 ” HUTAN ”の日




近年ずっとここに集まって









この鍋で熱くなります...(=ω=)














四半世紀以上も前にさかのぼり

あの頃の私たちに戻る瞬間










記憶力の乏しい私は


会話に浮上するほとんどの名前が
出てこないけれど








たしかにそんなことあった




そう懐かしいと思えることが嬉しい( ˘͈ ᵕ ˘͈ )






















あの頃の自分に

一言助言ができるとしたら

言ってやりたい









「ずーっと遠い将来もあなたは


“あやちゃんは純粋で疑うことを知らないからねー“


と笑われてしまう存在なんだからもがくのはやめた方がいいよ」











当時の私は

そう言われることに必死になって抵抗していたけれど




それは無駄な抵抗だったということ














素の私を知っていてくれる存在

何て心強いんだろう...ね。