fc2ブログ
 

日和暮らし

人と人がつくるもの、だから


一日に何度も。
そう、難しい現場だからということもあるけれど、
何度も確認や質問の電話がくる。

契約時のお引渡日に向け、
着工準備段階から決して気を抜かず、
工程表も全体のものだけでなく都度、
翌月の工程を事前に私に提出し、そして確認の電話を入れて下さる。
そこで工程がずれ込んだものに関しては、
早い段階ですぐに軌道修正する。

現場担当者はいても、社長さんが自らそれらを行う。

















私が今パートナーを組んでいる工務店は、こんな工務店だ。
社長の目がほぼ全てに行き届くくらい会社の規模は小さいけれど、
住宅レベルならむしろ断然その方がいいものができる。

当然、
建築家のリピーターがとても多い工務店。
私もその一人だ。


今回の難しい現場の計画を着々と進めながら、
私は着工の一年近く前から社長にラブコールを送っていた。

「この現場は、どうしてもSさんにお願いしたい。
多忙かと思いますが、どうぞ力を貸して下さい。」

工事枠を確保していただいていたのだ。
消費税アップ前のお引渡物件が殺到するこの時期だから。









ワンマンな会社だ。
社長の部下や業者への態度は、なんとも横柄だし厳しいことを要求する。
時には、私まで小さくなって一緒にスケール当てさせられたりしてる(苦笑)

そんな時、後で必ずフォローが入るんですよね。
私への気まずさを解消すべく、一つ一つ細かく説明。




設計者の期待を裏切らない。
いいものづくりをしようとするエネルギーが大きい。












こういう作り手とご縁が持てる施主は、
本当に幸せだと、
私は改めて思うんですよね。